お知らせ

お知らせ

福山市次世代エネルギーパーク内におけるメガソーラー発電事業の計画について

2014年7月31日

 当社はこのたび、福山市次世代エネルギーパーク内においてメガソーラー発電事業を実施することとなりました。

 発電規模は7,190kW(計画値)と県内有数の大規模太陽光発電設備で、一般家庭約2,700世帯の年間使用電力量に相当する発電量を見込んでいます。

 今後、2016年3月(目途)の運転開始を目指して、地元の皆さまおよび関係自治体などのご理解・ご協力をいただきながら、計画を進めてまいります。

1
計画概要
名称 ESS福山太陽光発電所(仮称)
所在地 広島県福山市箕沖町(中国電力(株)所有地)
出力 7,190kW(計画値)
年間発電電力量(見込み) 約980万kWh(一般家庭約2,700世帯の年間使用電力量に相当)
二酸化炭素排出抑制量 6,210 t-CO2/年(※)
着工予定 2015年1月(目途)
運転開始予定 2016年3月(目途)

(※)環境省「地球温暖化対策事業効果算定ガイドブック」により算出

2
建設予定地および完成予想図(イメージ)
ESS福山太陽光発電所の地図
【メガソーラー事業への取組み】
 当社は、本件のような当社単独での発電事業のほか、お客さま構内に太陽光発電設備を設置・所有し発電電力をお客さまへご提供する太陽光オンサイト発電サービス、広島県および中国電力と共同で実施する発電事業(ひろしま再生可能エネルギー推進有限責任事業組合)、他社と合同会社を設立して実施する発電事業など、多様な事業形態で再生可能エネルギーの普及・拡大による低炭素社会の実現に向け取組んでおり、現在稼働中の太陽光発電出力合計は 約8,000kWです。

※福山市次世代エネルギーパーク(対象は福山市全域)
 次世代エネルギーパークとは、太陽光発電などの次世代のエネルギーに、実際に国民が見て触れる機会を増やすことを通じて、地球環境と調和した将来のエネルギーの在り方に関する理解の増進を図る目的として、経済産業省資源エネルギー庁が認定するものです。
 福山市は、2012年1月に認定され、福山市次世代エネルギーパークとして箕沖地区を中心に市内の環境関連施設等と連携した環境学習を推進しています。

以上

ページトップへ